Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ベルリン独日協会

「協会はドイツと日本両国 間における人々の交流を奨 励し、相互理解の促進を目 的とする。 このためには、特に 講演会、映画会、演奏会、 展示会、ワークショップ、 出版活動によって、またド イツ人と日本人の交流プロ グラムの奨励を通じて、相 手国についての知識を 深め普及させる。 さらに協会目的のためには 、日独関係を奨励する他の 公益団体や公共機関との提 携がなされる。」

ベルリン独日協会会則の抜 粋

事務所

事務所の住所 Schillerstr. 4-5, 10625 Berlin [ 市街地図 ]
電話 (030) 3199-1888
ファックス (030) 3199-1889
電子メール djg-berlin@t-online.de
オフィスの時間 月、木、金、9 時 - 13 時 、火13 時 -17 時
アクセス 地下鉄 (U-Bahn) U2 Ernst-Reuter-Platz

会員

入会に関するインフォメ ーション

ベルリン独日協会に関心 をお持ちいただき、あり がとうございます。

入会ご希望の方々、心よ り歓迎いたします。

協会の会員数は目下600人( 2004 年5 月 12 日現在)、多数の日本人 も会員です。

ここに協会活動の概要を ご紹介します。

会費に関するインフォメ ーションは下をご参照く ださい。なお入会申込書 はダウンロードしていた だけます。

入会申込書

 ダウンロード入会申込書 (PDF, 107 KB)

申込書に記入しサインを した後、ファックスか郵 便にて協会事務所にお送 り下さい。 入会に関してご質問があ りましたら、電話かメー ルにてお問い合わせ下さ い。

事務所があいている時間 や、事務所へのアクセス に関するインフォメーシ ョンは、前ページをご覧 ください。


会費
会員の種類 年間会費 入会費
個人会員 60 ユーロ10 ユーロ
家族会員 80 ユーロ15 ユーロ
生徒、学生 30 ユーロ5 ユーロ
後援会員 600 ユーロ

会費以外にも寄付金を 歓迎します。 会費と寄付金は税控除の 対象となります。

ベルリン独日協会沿革

2002 年: 東京独日協会および栃木 日独協会との提携にて、 月実施のホームス テイと研修生プログラム のために、20か所の独 日協会が125人の受入 れの場を提供。

ベルリンとポツダム独日 協会が主催する二日間の ベルリン・ポツダム プログラムに85人の学 生が自由意志で参加。

2001 年: 独日協会連合会はワイマ ールにて、独日協会主催 の日本学生ホームステイ と実習生プログラムを 2002 年度も続けて実施する 事を決定。

2000 年 :フランクフルト独日協 会および他の22の独日 協会との協力によって、 「ハノーバー・エキスポ 2000・青年イニシア チブ」の粋内で、始めて 170人の学生が協会会 員宅に無料で四週間のホ ームステイが可能になり 、また各種企業や研究所 にて三週間にわたる研修 が行えた。

ベルリン独日協会が連合 会の年度会議を主催。
同時にベルリン独日協会 創立110周年を祝う。 この会議にてベルリン独 日協会は連合会の代表に 選ばれる。

1998 年とその以前:独日協 会ベルリンの事務所と図 書館が、日独センターの 建物からオットー ・ズァ・ アレー通りのシュプリン ガー学術出版社の建物に 移転。 チィア ガルテン通りの建物は大 使館として必要となった ためである。ダ―レム地 区に移転した日独センタ ーとは、変わらず共同活 動を続ける。
会員数:正会員 700 人以上、名誉会員 9 人、後援会員 18人

1990 年とそれ以前: 連邦新洲各地での独日協 会設立にあたり、ベルリ ン独日協会が援助。

在ベルリン日本国総領事 館より絶えず後援と奨励 を受ける。 ケルン日本文化会館、ベ ルリンのウラニア、ダ― レム東洋美術館ベル リン自由大学、フンボル ト大学、および 東京日独協会連合会と協 力。 日本関係図書室の拡大を 図り、蔵書数は約180 0冊におよぶ。 ベルリンの教師を対象に 日本に関するゼミナール を開催。 ドイツと日本の青少年に ホームステイの場を仲介 。 協会コーラスの活動 。

1989 年:ベルリンの壁の崩壊 をバックグラウンドに、1 929年に新設された独日 協会の60年周年記念祭が 、国立図書館にて催される 。

1987 年 :チァ ガルテン通りにある旧日 本国大使館の建物に日独 センターが開所し、館内 にベルリン独日協会のオ フィスのスペースと催し 物の場所が提供される。
ベルリン独日協会が全国 独日協会の年度会議を主 催。

1969 年 : ケルンに日本文化会館開 設。映画の貸出しや展覧 会用の展示品の貸出し、 あるいは学者や芸術家を 各地の独日協会に仲介す ることによって協会活動 を援助。

1963 年 : ドイツ連邦共和国の独日 協会連合会を創立。議長 は交代制。

1956 年とそれ以前 :さらに多 数の独日協会 あるいは独日友好クラブ が連邦共和国各地に再開 、あるいは新設される。

1955 年: フランクフルト マインに 協会支所 が再開される。

1952 年:ベルリンにて 独日協会の活動再開。

1938年 - 41年: 外務省と国家社会主義ド イツ労働者党・ナチス (NSDAP)坦当局との協定におい て、 ケルン、ウィーン、フラ ンクフルト マイン 、ブレスラウ、ハノーバ ー、ミュンヘン、シュト ゥットガルト、ライプチ ヒ、ハンブルク、ザルツ ブルク、マクデブルク、 ミュンスター、シュテチ ン、リンツ、マンハイム ハイデルべルグの15ヶ 所に独日協会支所(地方 グループ)が創立される 。

1935年 - 44年:ベルリン日本研 究所および東京日独文化 研究所と共同で、雑誌 『日本 – 日本学誌』を版行 。

1936年:国際反共協定に日本 加盟。 科学者、芸術家、あるい は学生の大規模な交換プ ログラムを日独両政府が 奨励。また共同のプロパ ガンダを意図した催しが 、スペクタクルな演劇や 映画上映の形で行われる 。

1933年:ナチス(NSDAP)によっ て、独日協会の首脳部 が「政府協力者」と交代 させられる。 しかし海軍大将ベーンケ が会長に選ばれたことで、「 非アーリア人」である日本人 との婚姻や、こうした婚姻関 係の子供たちを差別するナチ スの人種政策局の方針に対し 、抵抗が可能になる。

1929年:ドイツと日本両国の外 交官、科学者、芸術家、ジャ ーナリスト、音楽家そして医 者たちの協力で、人種や宗教 、イデオロギーを離れて、両 文化間の提携と相互理解の促 進を目的とし、独日協会が創 設される。

1929年から1932 年まで:協会ニュースと学術 論文を掲載する協会独自の雑 誌「大和」刊行。

1926年:フリッツ.ハーバーの決定 的な影響のもとに、ベルリ ンの居城内にベルリン日本 研究所が創立された。これ にあたり、カイザー.ウェ ルヘルム協会(現在のマッ クス・プランク研究所)が 資金の半分を、他の半分は 外務省、帝国内務省とプロ イセン科学芸術国民教育省 が拠出。

1914年:日本は第一次大戦にお いて英国の側に立ったため 、1921年までドイツと の国交を中断。

ドイツの科学界は実業家・ 星の経済援助を受ける。ノ ーベル賞受賞者のハーバー とアインシュタインが日本& に招待される。

1910年:会員数142人

1890年:ベルリン・フリード リッヒ・ビィルヘルム王室 大学の東洋語学ゼミナール 会員により、定則の有る独 日協会(和独会)が創立さ れる。 活動:講演会、音楽会、慈 善舞踏会(得られた金は援 助金として日本に送られる )、クリスマス・新年宴会 、社交と研究目的の遠足、 美術展示会など。 会員:初期は大学教授と学 生、後には実業家と外交官 の会員が増える。

奥付

  Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin e.V.
ベルリン独日協会
Schillerstr. 4-5
10625 Berlin

電話:+ +49.30.3199.1888
ファツクス:+ +49.30.3199.1889
電子メール: djg-berlin@t-online.de
ホームページ:http://www.djg-berlin.de

会長 コルト・ゲルガー(Kurt Görger)

協会登記番号 VR 1546 Nz、シャロテンブルグ区裁判所

デザイン構成 ヤン・トムセン (Jan Thomsen), マルクス・ビィルナー (Markus Willner)

次ぎの事柄に関して は、当協会は責任を負い ません。 ベルリン独日協会は、完 全で正確な情報のみを協 会ホームページに掲載す るように努めています。 しかし、情報が完全でア クチュアルであるのか、 あるいはその質や正確度 については保証できず、 責任も負いません。 情報の利用は、唯一ユー ザーの責任となります。 独日協会は外部からのリ ンクページの内容とアク チュアル性を検討するよ う努力していますが、そ れらの内容に対する責任 は負いかねません。


© Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin 2004
Alle Rechte vorbehalten

Letzte Änderung: 03.07.2005 | jt
Deutsch-Japanische Gesellschaft Berlin   Schillerstr. 4-5   10625 Berlin   Tel. +49.30.3199.1888   Fax +49.30.3199.1889   EMail djg-berlin@t-online.de